サポーター募集は、当サイトへ訪れた方々にクラウドファンディングによって、支援を募ることを目的としております。
弁護士に費用倒れになるから…と言われた、または裁判費用を用意するのが苦しい、または裁判を通してより多くの人々に知って欲しいことがある方に、ご利用いただくことを想定しております。

プロジェクトは、プロジェクトオーナー自身の思いを伝えるため、また裁判費用を募るために企画されるものであり、プロジェクト上ではプロジェクトオーナーと当サイトへ訪れたユーザーとが、コメントや活動報告を通してメッセージを交わすことができます。

当サイトのプロジェクトは、裁判費用等の支援という特性上、リターンがない寄付型のプロジェクトが大半となります。
ただし、個々の裁判で出た判決は当事者である原告・被告だけではなく、判例や先例として他の裁判へ適用されることもあります。
判例や先例として社会全般で享受する、いわばリターンとも呼べるものがあり、これをご支援いただくため、当サイトでは寄付サイトではなく「クラウドファンディング」としてサイトを公開しております。

プロジェクトを始める

1. プロジェクトについて

プロジェクトについて、当社がその真実性、正確性を保証するものではありません。
プロジェクトが掲載されることは、当社が支持や承認、賛同等を示すものではありません。
全てのプロジェクトについて、当社は常に中立の立場となります。

2. プロジェクトの申請について

プロジェクトは、必ずご自身に関わる問題の解決を目指したものとしてください。
虚偽の内容を含んだ、または公序良俗に反するプロジェクトの申請は受け付けできません。
受付できないプロジェクトの詳細につきましては、下記のガイドラインをあわせてお読みください。

3. プロジェクトの審査について

以下に示した審査を行いますが、プロジェクトによっては下記に含まれない審査を追加で行う場合もあります。
  • プロジェクト内容の確認
    プロジェクト申請時にヒアリングした内容が、ガイドラインに違反していないこと、そして虚偽の内容が含まれていないことを確認いたします
  • 担当の弁護士・司法書士の先生への確認(既に受任済みの場合)
    先生方へのご連絡の際には、守秘義務の関係からプロジェクトオーナーにご協力をお願いしております
なお、審査の可否については利益相反行為の防止のため、弁護士または司法書士そして行政書士といった、一切の士業者がその判断に加わることはありません。

4. プロジェクトオーナーへのお願い

プロジェクトオーナーには、支援金が余った場合、同じような問題でお困りの、他のプロジェクトへの寄付をお願いしております。
あわせてプロジェクトオーナーには、活動報告や支出報告にて随時プロジェクトの進捗状況のご報告をお願いしております。
特に支出報告は、いただいた支援金の用途の説明としてだけではなく、これから同様の裁判を行う方への費用の参考に成り得るものですので、ご協力をお願いします。

5. ガイドラインもあわせてご確認ください

プロジェクトを始める