倒産・事業再生

「資金繰りが厳しい」「運転資金が底をつきそう」、経営者としてはここが踏ん張りどころだと頑張ってしまうところですが、専門家に相談することで新たな展望が開ける可能性があります。
公認会計士や税理士や経営コンサルタントとネットワークを持つ弁護士や、弁護士自身がこれらの資格を持っているなど、経験も知識もある専門家に相談することは費用以上のリターンが得られるはずです。
仮に再生が厳しく会社を倒産させるしかないという結論になったとしても、第二の人生のためにも最大限の資産を残せるようにしていただけます。
会社が倒産するということは、取引先だけではなく今まで一緒に頑張って働いてくれていた従業員にも多大な迷惑を掛けてしまうことになり、経営者にとっては心が休まらない状況が続きますが、弁護士が間に入ることでぐっと状況が改善されるはずです。

弁護士を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る