人事・労務

人事・労務トラブルをおざなりに扱うことは、企業側にとっては大変なリスクとなります。
トラブルが顕在化してしまう前に弁護士が動くことで、悪評が広まることを防ぐことができます。
セクハラ・パワハラや長時間労働・残業代未払い等で、従業員や元従業員が裁判を起こす前に対応することは、会社経営への影響を考えれば最優先に取り組まなければならないことです。
また弁護士と顧問契約を結ぶことで、就業規則や雇用契約に対して弁護士によるチェックが入り、これによりトラブルの芽を事前に摘むこともできます。
社会保険労務士と提携する弁護士や、同じ事務所に社会保険労務士が所属する弁護士などに相談されること、または事が起きる前に顧問弁護士になっていただくことをお勧めいたします。

専門家を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る