M&A・事業承継

事業承継には、大きく分けて3つの方法があります。
  1. 親族内事業承継
    自分の息子など親族に事業を承継する
  2. 親族外事業承継
    一緒に事業を立ち上げた役員や、社外の有能な人を経営者として招いて事業を承継する
  3. M&A
    他企業による合併・買収

事業承継でまず初めに考えておかなければならないものとしては、その候補となる人・企業が本当に適切か、また社内外で受け入れられるか、これらについて検討しておく必要があります。
経営者自身が考えなければならないことですが、顧問弁護士として会社の中のことを知る者が相談にあたることは、とても心強いものになるはずです。
いずれの方法を選択してもメリットとデメリットはありますが、それぞれの会社にあった事業承継を選ぶ必要があるため、お悩みになられている方はまずは弁護士に相談されることをお勧めいたします。

弁護士を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る