クレーム対応

インターネットの利用者数は既に1億人を突破しており、ほぼ全ての国民がインターネットに日々触れている状況です。
そのような状況下で、消費者からのクレームに対して誤った初期対応をしてしまいますと、あっという間にその企業への悪評が広がってしまいます。
そのため、どんなクレームに対しても誠意を見せて対応することを心掛ける必要がありますが、中には悪質なクレーム、いわゆるモンスタークレーマーと呼ばれる方がいるのも事実です。
誠意を見せて謝罪しているにもかかわらず、なかなか解決しないどころか、言葉の端々に物や金品を要求するようなフレーズが入っている、どのタイミングで悪質と判断すれば良いのか分からない、そういった時は弁護士に相談されることをお勧めいたします。
悪質なクレーム対応に晒されることで担当者の時間も気持ちも削がれてしまいますが、これはとても不幸なことです。
そのようなことに巻き込まれてしまったら、交渉のプロでもある弁護士に依頼することで、経営者も担当者も本来の仕事に専念できるよう、必ず尽力してくれるはずです。

弁護士を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る