行政訴訟・住民訴訟

行政訴訟において、原告が勝訴することは大変に難しいことです。
そのため、依頼を引き受けてくれる弁護士自体が少ないのが現状です。
原告側は証拠を集めることが難しく費用もかさむ一方で、被告となる国や自治体は費用を無尽蔵に使えるため、原告にとっては不利な状況での裁判を強いられるためとなります。

それでも弁護士に依頼したいとお思いの方は、ぜひ行政訴訟の経験のある弁護士に依頼することをお勧めいたします。
行政訴訟には、出訴期間(行政処分の取消を求めて提起することのできる期間)というものがあるなど、行政訴訟に特有の要件があるため、経験のない弁護士に依頼することは不利な訴訟においてますます不利なものになりかねません。

専門家を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る