税務調査・税務訴訟

税金のことは税理士にお任せというのが、一般的な考え方ではないでしょうか。
税務調査に入られてしまった場合は、税理士に立ち合いを依頼し、税務署の担当者から修正申告を勧奨されたら税理士と話し合いをした上で、修正申告に応じるという流れになるかと思います。

もし税務調査時に、税理士資格を持つ弁護士や税務訴訟の経験のある弁護士に立ち合いをしてもらっていた場合は、税務署の担当者から修正申告を勧奨され、そこで修正申告に応じるまたは応じないという判断をしたにしろ、その後の「異議申し立て」や「審査請求」や「訴訟の提起」をスムーズに行うことができます。
なお、税務調査時に税理士の立ち合いだけであっても、その後に弁護士に依頼して、「異議申し立て」や「審査請求」や「訴訟の提起」を行うことはできます。

税金の問題を取り扱う弁護士は少ないものの、税金の問題については税務訴訟の経験がある弁護士に依頼することをお勧めいたします。

専門家を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る