国際相続

国際相続とは、
  1. 相続人が日本国内に住所がなく、海外に居住している
  2. 亡くなった方(被相続人)が外国人、または遺産の一部が海外にある
おおまかには、この2ケースとなります。

1. のケースについては、日本国内に相続対象となる財産があれば、そのまま日本の法律が適用されます。
ただし、相続人は日本国内に住所がなく、そのため印鑑登録をした実印がありませんので、それに代わる手続きが必要となります。
2. のケースについては、被相続人が国籍を有する国の法律が適用されるため、その国に対して相続税を支払う必要が出てきます。
そのため、被相続人が国籍を有する国とのネットワークがある専門家に、依頼する必要があります。

なお、ここに記載した例はおおまかにまとめたものですので、遺産の一部が海外にあったり、相続人に外国人や海外居住者が含まれている場合は、専門家に相談してください。
専門家を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る