ビザ・在留資格

ビザおよび在留資格取得は、弁護士と行政書士とが取り扱う業務となります。
弁護士と行政書士のどちらがより適切かどうかというのは一概には言えず、それぞれの専門家にメリットがあり、またデメリットがあると言えます。
一般的には行政書士の方が料金が安いとも言えますが、安価な料金で引き受けていただける弁護士も当然おります。
ケースバイケースで専門家は選ぶ必要があり、オーバーステイ等を理由とした在留特別許可については、裁判まで見据えた場合は最初から弁護士に依頼しておいた方が手間はかかりません。
また、弁護士に依頼するメリットとしましては、不許可処分時の取消訴訟の際に弁護士がワンストップで担当してもらえる安心感だと思います。
いずれにしましても、安心し納得できる専門家に依頼することが全てだと思いますので、まずは専門家へ相談してみてください。

専門家を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る