投資被害・投資詐欺

代表的なものとして未公開株や海外先物や先物オプションなどが挙げられますが、共通して言えることは「値上がり確実」「元本保証」「あなただけに特別に教える」などの勧誘文句で言葉巧みに誘われてお金を支払わせるが、お金を支払った後には連絡が付かなくなるケースや損害が出てしまったので約束していたリターンは払えないと居直るケースが、ほとんどのパターンとなります。
返還交渉では、訴訟を経ずに返還に応じる場合もあるので本人が直接対応することも可能ではありますが、最近では訴訟をしないと返還交渉に応じない相手も増えて来ており、弁護士や司法書士に依頼した方が早く安く、そしてより多くの金額を取り戻せることが多いです。
また、投資詐欺の被害額として140万円を超える場合がほとんどのため、140万円を超える被害額の場合は司法書士は取り扱うことができないため、最初から弁護士に依頼するのが一番良いのではないかと思われます。

専門家を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る