欠陥商品・製造物責任

PL法(製造物責任法)は、BtoC(対消費者)だけではなく、BtoB(対企業)間の取引も対象となります。
欠陥品を製造・輸入した責任を企業側に負わせることが目的となります。
携帯電話をズボンのポケットに入れたままこたつに数時間入っていた結果、やけどをしてしまった被害者に対して、PL法に基づき一部賠償が認められたという判決も出ております。
専門家への相談にあたっては、PL法を熟知し、かつその対象となる製品に知識を持った弁護士に相談する必要があります。

弁護士を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る