ぼったくり被害

まず始めに、ぼったくり被害に対して警察は「民事不介入」を理由にして、ノータッチとなるケースが多いです。
そのため、被害に遭わないために自衛することが一番ですが、万が一にも被害に遭ってしまった場合は、専門家の手を借りることを第一に考える必要があります。

被害に遭ってしまった時の対応としては、以下の3つを行うようにしてください。
  • 最初に提示された金額以外には払わない意思を伝える
  • 文句があるなら、後日裁判で決着を付けると伝えて連絡先を渡し、店の外に出る
  • そのまま帰れるのであれば、そのままで良く、もし店の外に出られなければ「監禁・暴行」されたとして警察に通報する
既にお金を支払ってしまったけどどうしても支払ったお金を取り戻したい場合は、専門家へ相談してください。

専門家を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る