認知

認知届を提出することで、法律的に親子関係となることができます。
法律的な親子関係になることで、扶養義務の発生、つまり養育費を貰うことができ、また財産を相続する権利を得ます。
父親が自発的に認めてくれれば、専門家の手をわずらわせることはないのですが、中には決して自分から認めない父親もいます。
そういった相手に対しては「強制認知」と呼ばれる手段を取ることになります。
強制認知とは、「家庭裁判所による調停」を経て「裁判」を行っていく手段となりますので、自分一人でもやろうと思えばできますが、専門家の手を借りた方が優位に事を進められます。

弁護士を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る