婚約不履行

婚約とは、将来結婚をする契約であり、当事者間で合意していれば婚約は成立します。
婚約が成立しているにもかかわらず、「正当な理由」もなく一方的に婚約が破棄された場合は、損害賠償を請求することができます。
正当な理由とは、「相手の浮気」「重大な嘘を付いていた」「失業した」などが挙げられます。ただし、正当な理由というのは法律に明記されてはおらず、過去の判例で判断するしかないので、婚約破棄された、または婚約破棄したいと思った方は専門家へ一度相談されることをお勧めいたします。
そもそも婚約していたか、もしくは婚約が裁判等において認められるかどうかという問題に加えて、婚約不履行に至る理由が正当な理由であるか否かという問題もありますので、専門家の判断も交えて考え直す必要があるかと思います。

専門家を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る