解雇・不当解雇

解雇を言い渡された場合、「解雇通知書」「解雇理由書」を必ず貰うようにしてください。
これらの書類を貰うことで、退職理由が自己都合ではなく会社都合とすることができ、失業手当の支給時期を早めたり解雇予告手当を貰うことができます。
また、解雇理由書に記載された解雇理由と就業規則をもって、解雇が正当なものであるか否かの判断をすることができますので、それらを持って速やかに専門家に相談をするようにしてください。
なお、解雇について会社と争いを起こす場合は、まず自分自身がどうしたいのかを明確にしておく必要があります。
会社と争いを起こしてしまった以上、和解なり判決が出た後に復職して働き続けるというのはなかなか難しいものがあります。
そのため、まずは解雇無効を会社に認めさせ、その後に職場復帰はせず和解金で決着するという選択肢を選ぶのが一般的です。
復職を目指す場合は、会社に今後は不利な扱いをしないよう和解の条件に入れておく必要もありますので、なおのこと労働問題に強い弁護士に相談するようにしてください。

弁護士を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る