労働条件・人事異動

ハローワーク等で求人票に記載された内容と異なった条件で働かされた、そんな時はまずは下記のページを見てください。
確かめよう労働条件(厚生労働省のホームページに移動します)

その他にも、給与が突然引き下げられた、就業規則で認められているはずの休職を申請したら上司に拒否された等のことがありましたら、労働問題に強い弁護士に相談してください。
会社との交渉は毎日働く場でいざこざを起こすということになりますので、復職後も同じ職場で働く場合は、なおのこと労働問題に強くこのような経験がある弁護士に相談しないと、せっかく復職できたにもかかわらず居づらくなってしまいます。

理不尽な人事異動についても、同様のことが言えます。
人事異動については、会社側に広範な人事権があり、拒否することは原則できないと考えていた方が良いです。
ただし、限定正社員のように労働条件がある程度限定された正社員に対して、労働条件を超えた範囲の人事異動を行った場合などは、これを拒否することができます。
このような場合も、まずは会社に拒否する旨を伝えることが大事で、会社がこれを受け入れなかった場合は、労働問題に強い弁護士に相談してください。

弁護士を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る