残業代未払い

残業代の時効は2年となっており、それよりも過去の残業代を請求することは原則できません。
そして、未払いの残業代を請求する場合は、証拠が必ず必要となります。
証拠として考えられるものとしては、始業時刻と終業時刻を記録したもの(タイムカードや日報や業務中に送信したメールの送信履歴)、それと業務上の命令があったことを立証するような資料(残業指示を受けたメール)などが挙げられます。
最近では、ブラック企業や残業代の未払い問題が一般化してきており、「退社時にメールを自宅宛に送り、それを証拠にする」といった話も出てきておりますが、退社時間を立証しただけでは、会社にただ残っていただけと反論される恐れがありますので、業務上の命令があったことを立証するような資料も必要になることを覚えておく必要があります。
これらの証拠でもって、まずは会社と相談してみてください。
会社が言うことをそのまま受け入れて支払いをしてくれれば良いのですが、これで支払ってくれるのであればもともと残業代の未払いは起きていないでしょうから、次のステップに移る必要があります。
次のステップとして、内容証明書を作成し送付することが考えられます、ここまでは自分一人でやることもできますし、弁護士ではなく司法書士や行政書士に依頼することも可能です。
内容証明書を送付したにもかかわらず残業代の未払いを拒否された場合は、弁護士や司法書士(法務大臣の認定を受けた認定司法書士)に正式に依頼し、労働審判なり裁判で決着を付けることになります。

専門家を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る