給与未払い

給与の未払いの時効は、残業代の未払いと同じく2年となります。
ただし、退職金については額が高額なこともあり、5年が時効となります。
請求にあたっては、未払いの期間に働いていたことを証明する証拠(タイムカードや業務中に送信したメールの送信履歴)、それと時間単価を証明するもの(過去の給与明細)、そして就業規則を集めておく必要があります。
これらの証拠をもって、まずは会社と相談すること、そして内容証明書を作成し会社宛に送付すること、ここまでは自分一人で対応できますし、弁護士や司法書士や行政書士に依頼して対応して貰うこともできます。
内容証明書を送付したにもかかわらず給与の未払いを拒否された場合は、弁護士や司法書士(法務大臣の認定を受けた認定司法書士)に正式に依頼し、労働審判なり裁判で決着を付けることになります。

専門家を探す場合は、こちらから