相続放棄

遺産には、借金も含めた全ての財産がその対象となります。
そのため、亡くなられた方が借金を抱えたまま亡くなられた場合、借金はその方の相続人にそのまま引き継がれることになります。
※ ただし、住宅ローンのように団体信用生命保険に加入している場合、借主が死亡した時点でローンはゼロになります。

相続放棄の手続きは、亡くなった方が最期に住んでいた住所の家庭裁判所で行うことになりますが、手続き自体はご自分で行うこともできます。
相続の放棄の申述(裁判所のホームページに移動します)

気を付けなければならない点としましては、相続放棄ができる期間は、自分のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内と限定されていることです(なお、申立てにより期間を延長することも可能です)

相続放棄をするには、亡くなった方の戸籍謄本やご自身の住民票、そして相続放棄の申述書が必要となることから、ある程度の日数と手間がかかってしまいます。
そのため、仕事が忙しい等の理由で時間を割くことができない方は、専門家へ依頼して相続放棄を行ってもらうこともできます。
費用は数万円程度とそこまでは高額ではありません、また専門家に依頼するメリットとして、その後の相談にも応じてくれる点が挙げられます。
特に相続放棄をしたと言ってもなかなか引き下がらない債権者は、あの手この手で少しでも返済させようとしますので、そういった点からも専門家へ依頼することも検討してみてください。

専門家を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る