遺産分割

遺産は、遺言書がある場合は、それに従って分割します。
これは「指定分割」と呼ばれる分割方法です。
遺産の分割方法としては、この「指定分割」の他に、相続人全員の協議によって遺産を分割する「協議分割」があります。
協議分割は、相続人全員の合意が必要となります、そのため揉め事になりやすい分割方法ですが、遺言書がない以上はこの方法を取るしかありません。
ただし、いきなり話し合って相続分を決めろというのは無理があるので、そのために目安として法定相続分という考え方があります。
配偶者が1/2で、残り1/2を子供達で分割するというのが、法定相続分となります。
法定相続分を目安に、相続人全員で協議(遺産分割協議)した上で、合意ができたら遺産分割協議書を作成します。
合意できなかった場合は遺産分割調停へ、そして調停が不成立になった場合は、遺産分割審判へと進んでいきます。
遺産分割調停や遺産分割審判については、弁護士のみが取り扱える業務となりますので、遺産相続の状況によって依頼先の専門家を検討するようにしてください。

専門家を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る