贈与

贈与税は、毎年(1月1日 ~ 12月31日)110万円の範囲までは無税です。
相続税の節税の手段の1つとして、この110万円までの無税の枠いっぱいを使って生前贈与をするケースが良くあります。
ただし、最近では税務署の目も厳しくなっており、また法律の改正により亡くなった時点から数えて3年以内の贈与については相続の対象となるようになりました。
相続税の節税については事前対策がとても重要であり、さらには法律の知識に加えて税金の知識も必要となります。
しかし、誰もが法律に詳しいわけもなく、また税金の知識も持ち合わせているわけではありません。
そのために専門家が居るのであり、相続税が多額になるケースの場合は特に、専門家に相談されることをお勧めいたします。

専門家を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る