成年後見

成年後見制度は、認知症・知的障害・精神障害を抱えた方の権利を守る人(成年後見人)を選ぶことができる制度です。
成年後見制度には、任意後見と法定後見とがあり、任意後見は本人がまだ判断能力がまだある時に事前に決めておくものです。
対して、法定後見とは、本人の判断能力が著しく低下していると医師の診断があった場合、家庭裁判所に申し立てをするものです。
家庭裁判所にまずは候補者として申し立てをした後、家庭裁判所で審理を行い、成年後見人が選任されます。
成年後見人は本人の財産を管理するための行動を取ることを求められるため、本人の財産状況の調査や親族への問い合わせ等を経て、場合によっては候補者が選任されずに第三者である弁護士や司法書士が選任されることもあります。
特に最近は、認知症の高齢者を狙った詐欺も増えておりますので、ご両親の財産管理に不安がある方はまずは専門家に相談してみてください。

弁護士を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る