痴漢・盗撮

痴漢・盗撮で逮捕された直後は、家族であっても面会を断られるケースが多々あります。
しかし、家族が面会を断られている場合であっても弁護士であれば面会ができますし、時間の制限もなく面会が可能となります。

もし逮捕された本人が会社員であれば、会社に知られてしまうことを防ぐ必要があり、そのためにも早期に釈放されることを目指さなければなりません。
面会をすることで、本人の要望も聞きだすことができますし、警察や検察から収集した情報をご家族にお伝えすることで少なからず不安感を除去できると思います。

逮捕直後に弁護士に依頼することは、メリットしかありません。
デメリットは費用面くらいとなりますが、逮捕による自分の残りの人生に対する影響を考えれば、費用を工面することを考えるべきです。
弁護士事務所によっては分割払いを認めている場合や、日本弁護士連合会では初回だけは無料で弁護士を呼べる当番弁護士制度もあります。

弁護士を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る