窃盗・万引き

一般的に万引きと呼ばれるものは、全て窃盗罪にあたります。
お店にあるものや他人の家にあるものを許可無く勝手に持ち出すことが、窃盗罪の要件となります。

もし逮捕されてしまっても、被害額が少なくて被害者と示談できている場合や、身元引受人がいる場合は早期の釈放が望めます。
そのためにも早期に弁護士に依頼し、被害者と示談交渉を進めていく必要があります。

逮捕直後に弁護士に依頼することは、メリットしかありません。
デメリットは費用面くらいとなりますが、逮捕による自分の残りの人生に対する影響を考えれば、費用を工面することを考えるべきです。
弁護士事務所によっては分割払いを認めている場合や、日本弁護士連合会では初回だけは無料で弁護士を呼べる当番弁護士制度もあります。

弁護士を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る