児童買春・児童ポルノ

児童買春とは、18歳未満の児童に対し、金銭等を支払い性交等をすることをいいます。
児童ポルノとは、18歳未満の児童のわいせつな写真・動画や電子データを、製造・提供・所持することをいいます。
LINE等の通信アプリで相手に裸の写真を送らせたり、児童の写真やビデオを撮影することがこれに当たります。
児童買春・児童ポルノは決して軽い罪ではないものの、初犯から実刑になるケースは稀です。
ただし、そのためには弁護士に依頼し、逮捕前ないしは逮捕直後から動いてもらう必要があります。
再犯の可能性がないこと、被害者との示談が済んでいること、これらのことを警察や検察、そして裁判所に理解してもらえるよう行動するためにも、早期に弁護士に依頼する必要があります。

逮捕直後に弁護士に依頼することは、メリットしかありません。
デメリットは費用面くらいとなりますが、逮捕による自分の残りの人生に対する影響を考えれば、費用を工面することを考えるべきです。
弁護士事務所によっては分割払いを認めている場合や、日本弁護士連合会では初回だけは無料で弁護士を呼べる当番弁護士制度もあります。

弁護士を探す場合は、こちらから

該当する相談は、見つかりませんでした

法律相談Q&Aに戻る